知育おもちゃ

お風呂でも使える!手作りの磁石を使った知育おもちゃ【ミンティアマグネット】

【磁石】ミンティアケースマグネットでお風呂で楽しく知育・脳トレ

B!

こんにちは、よちよちいくパパです。

今回は乳児向けの磁石を使った知育玩具の作り方の紹介になります。

知育目的で磁石を使ったおもちゃを使わせてあげたいなと思って探してみたのですが…

  • 対象年齢が高い(部品が細かいので誤飲が心配)
  • 値段が高い(大量すぎてそんなに要らない)
  • 種類が少ない(マグネットブロックがほとんど)
  • お風呂場での使用を目的に作られていない(錆びる)

ということで今回は手軽に作れて、安全で知育効果の高いおもちゃを自作してみました。

生後6ヶ月くらいの赤ちゃんから使える、掴んで落として、投げて、くっつけて、振って、なめて、ワクワクする欲張りなおもちゃです。

それではさっそく作り方を紹介していきます。

材料と作り方解説

動画で解説

今回もyoutube動画に編集して解説してありますので御覧ください↓↓

動画で解説はコチラ↑↑

画像で解説

準備するもの
  • ミンティアのケース
  • 強力マグネットミニ(ダイソー)
  • 接着剤
  • テープ

①ミンティアのケースを開き、中に仕切りを作る。

プラダン発泡スチロールボードなど仕切りになりそうな素材をカットする
仕切りの間隔が狭いと磁石同士が引っ張り合うので注意。

③仕切りの表裏(両面)に接着剤を塗る

④磁石を3箇所に配置する
3つの区切られた部屋に1個つづ配置します。

⑤蓋をして止める
入り口部分を接着して密閉する

⑥側面をテープで防水処理する
気泡が残らないように気をつけましょう

⑦パッケージデザイン部分も紙製のテープなのでついでにカバーします。

完成

遊び方と知育の狙い

磁石を防サビ加工する方法

お風呂で使える磁石のオモチャがない理由の一つとして、磁石は錆びるということが原因にあげられます。

今回はテープでしっかりと止めて防水処理をしました。

このくらいの処理でも、サビが浮き出てくるよりもオモチャとしての寿命が尽きるほうが早いと思われます。

それでも、気になるからもっとしっかり防サビしたいという方のためにちょっとした工夫を紹介します。

簡単に防錆する方法は油性マジックを塗ってコーティングすることです。

手の油分でインクを弾いてしまうので手袋をして作業するか、割り箸などで磁石を掴んでから塗るとキレイに塗れます。

パッケージデザインが知育好奇心をくすぐる

お菓子や飲料などのパッケージデザインの良いところは、色使いや明るさ、文字配置など様々な構成でできています。

特に日本のパッケージ文化はデザインや使いやすさから海外からも評価されています。

手にとってもらえるために目立たせたり、人の興味を引くデザインが使われています。

ミンティアのケースも色使いが鮮やかで大人だけではなく子供の興味を引きます。

身近にありすぎて大人が気が付かないような、当たり前の素晴らしいデザイン」を知育にそのまま生かさない手はありません。

【重要】知育効果の目的

STEAM教育要素も?

磁石の不思議は科学(Science)に、パッケージデザインに触れることは芸術(Art)への興味関心の種を植えることになります。

密閉してあるので当然水に浮きます。

お風呂の中で、お湯に沈めて浮かんでくる様子を見せてあげることで「水に浮かぶもの沈むもの」の違いを発見することができます。

当然小さい子がすぐに「浮力」を理解できるわけも無いですが、なぜ浮かんだり沈んだりするんだろう?という疑問や好奇心を育てることができます。

そういう「なんで?」を育てることが「知るを育む=知育」です。

他にも音がなる楽しさとともに、「何か入ってるのかな?」と疑問を持ったり。

なんでくっついているの?なんで付かない場所があるの?

と年齢を重ねてくると発見も増えてきます。

うちの子は今まで、剥がして落とすことしかできませんでした。

ですが、これを使って遊んでいるうちに「拾って貼り付ける」という事ができるようになりました。

よちよ知育パパ
よちよ知育パパ
こういう子供の成長を発見できることは、とても幸せですよね

遊び方を工夫してアレンジしよう

みんなでお風呂で遊ぼう

浴室の壁には鋼板が入っているため冷蔵庫や洗濯機と同じように磁石がくっつきます。

結構知らない人は多いのではないでしょうか。

お風呂を知育の場として活用しないのはもったいない。

浴室の壁にダイソーの「水で落ちるクレヨン」を使用してすごろくを描いてみました。

家族みんなでマグネットで遊んでみても楽しいかも。

シールやステッカーなどでイメチェン

最近の100均にはシールやパッキングなど子供が好きそうなデザインの物がたくさんあります。

デザインに飽きたり、もっと可愛らしいものがいいと思ったら張り替えて遊んでみましょう。

もし、この記事を読んでこんなの作ったよーとか、こんなアレンジができるよってアイデアがあったら是非教えて下さい。

メッセージやツイッターなどで絡んで頂けると嬉しいです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

よちよちいくパパ

B!