ニューブロック人気のセットは?「追加購入にもおすすめのバラエティBOX」口コミ・レビューあり

    • URLをコピーしました!

    こんな疑問が解決!

    • ニューブロックおすすめのセットは?
    • どれくらいのピース数のものが必要?
    • 使用するメリットやデメリットは?

    学研ニューブロックを購入したことがあるママさん50人を対象に、ニューブロックを使った感想やおすすめのセットを調査して、実際に購入して子供と遊んでみました。

    結論から言うと少ない数のニューブロックを買うと、すぐに買い足すことになるケースが多く、長く使ったり知育目的で購入するなら大容量を購入するのがおすすめです。

    50人のママの口コミと自分の感想をもとに、「初めてにおすすめの選び方」や「買い足しに最適なセット」を3つほど紹介します。

    購入せずにお試ししたい方は初月1円のレンタルサービスCha Cha Chaがおすすめです。

    Contents

    口コミで分かったニューブロックの選び方

    クラウドソーシングサービスで「就学前に買ってよかったおもちゃ」についてのアンケート調査をした結果。

    ニューブロックが知育効果が高く、長い期間遊んでもらえるおもちゃとして人気でした。

    口コミから分かった選び方
    • 3歳以上なら100個以上のセットが必要。
    • 兄弟で使うならとにかく量が必要。
    • すぐに大きな物を作り出すのでブロック数は多いほうが良い。

    ニューブロックは何歳から何歳まで遊べるか

    対象年齢はブロックの種類によって多少変化しますが、ニューブロックのバリエーションは多く、1歳くらいから遊べるシンプルなものから小学校低学年くらいまで遊べるプログラミングが可能なものまであります。

    年齢を重ねるごとに大きいものや複雑な形のものを作りたくなってくるので、はじめから多めのブロック数のものを用意しておくか、買い足すことで長く遊んでもらえます。

    「レゴよりもニューブロック派」
    評価:4
    (28歳・5年使用中)


    小学校に入学するくらいでニューブロックからレゴを好むようになるのかなと思っていたのですが、息子本人の希望でニューブロックを買い足しました。

    ブロックが大きいので大きなものを作れるのが良いそうです。5年以上使ってますが、壊れないしコスパが良くて、かなり遊んでもらえます。

    パーツが100個以下のタイプは追加購入が必要

    少ないピースのセットは初めて使う1歳2歳のお子さんには向いていますが、作れるものが制限されるので後々買い足しが必要になります。

    遊び方を制限するよりは、自分で遊び方を発見してもらうためにもある程度のピースがあった方が良さそうです。

    アンケートによると二桁のピース数のニューブロックを購入した場合、追加購入する人が多いことが分かりました。

    「兄弟で使うと取り合いになるので追加しました」
    評価:4
    (32歳・1年使用中)


    知人の家で遊ばせてもらった際に、同じブロックが欲しくなるのか、下の子の使っているブロックを上の子が取り上げケンカになっていました。

    なので188個入っているバラエティBOXを購入しました。片付けが大変な気もしますが、仲良く遊んでくれているので満足しています。

    兄弟や友達と遊ぶ機会があるなら大容量が必要

    ニューブロックはシンプルな通常ブロックとは別に、セットによってブロックの種類の数が変わります。

    なので、兄弟や友達と一緒に使うような環境であれば取り合いになることもあるようです。

    「保育士のおすすめは500個入り」
    評価:4
    (36歳・1年使用中)


    園で使うために500個入のボリュームセットを購入しました。

    取り合いになっても「他にもあるから一緒に探してみようね」と声掛けをして譲ってあげることも教えてあげられるのでおすすめです。

    何人かの子供と一緒に遊んだりして、大きなものを作ったりと協調性や協力する事を覚えるのに適しています。

    ニューブロックおすすめの厳選セットと買ってみた感想

    実際にアンケートで満足度の高かったセットを7種類購入し使ってみました。

    その中から3つ厳選してご紹介したいと思います。

    「ボリューム500個」が2人以上の使用でオススメ

    5kg弱ありました
    めっちゃブロックが多い
    商品名ボリューム500
    サイズ幅49.5cm×奥行き31cm×高さ34.5cm
    重さ約5kg
    パーツの種類17種類
    パーツの数500個
    価格16,500円(本体15,000円)
    総合評価4.5

    とにかくピースが多いのが特徴で、兄弟や友達と遊ぶと盛り上がるセットです。

    500個も入っているのでパーツの取り合いにならないですし、家やお城、巨大なロボットなども作れちゃいます。

    商品価格でみても他のセットと比較してピースが多い分一番コスパが良いです。

    「ボリューム500」のメリット・デメリット

    メリットデメリット
    複数人で仲良く遊べる
    作れるものに制限がない
    大きなものも作れる
    子供の想像力を刺激する
    片付けが大変
    専用ケースを買う必要がある
    他のセットよりも場所を取る

    特殊パーツは少ない

    他のセットに比べて専用のプラケースが付属していないのが残念という口コミが多かったです。

    ちいママ

    衣装ケースやランドリーバッグに入れて保管しているママが多かったよ!

    大きめの家を作っておままごとに使ったり、ケースの中に入ってお風呂ごっこのような遊び方もしていました。

    その反面、車軸などのパーツは少なかったので、車などを作る場合にはこれだけでは不十分かもしれません。

    とにかくピースが多いので、想像力や創作意欲が湧いてきて集中して遊べるセットです。

    \ 追加購入には一番おすすめ /

    「たっぷりバラエティBOX」は追加買い足しにもオススメの188ピース

    蓋上もブロックを刺したりできるよ
    とにかくブロックのバリエーションが豊富
    商品名たっぷりバラエティBOX
    サイズ幅53cm×奥行き29.5cm×高さ22.5cm
    重さ約3kg
    パーツの種類36種類
    パーツの数188個
    価格9,350円(本体8,500円)
    総合評価4

    たっぷりバラエティBOX」のメリット・デメリット

    メリットデメリット
    パーツの種類が多く飽きにくい
    より多くの物が作れる
    丁度いいブロック数
    ブロック数でコスパが悪い

    今回紹介する3つのBOXの中で最もパーツの種類が多いブロックの数も188個と多いのが特徴です。

    「流石にボリューム500個は多すぎる」という方におすすめ。

    ピースの種類が多いのでボリュームセットのよりも複雑なものが作れます。

    アンケートの結果、お孫さんが家に遊びに来た時用に購入されている方や、ブロック数の少ないセットしか持っていないお子さんへのプレゼントに購入した方が多くいらっしゃいました。

    「パーツの種類が多くてよく遊びます」
    評価:4
    (34歳・2年使用中)


    以前から少ない数のセットを持っていましたが、物足りなかったので4歳の息子の誕生日プレゼントに夫婦で選んで購入しました。

    夫が息子の好きそうなものを頑張って作って楽しそうに遊んでいます。最近では公園で遊ぶよりも、家でニューブロックを夫と遊ぶ方が楽しいらしいです。

    ちいママ

    うちではこのセットが一番好評だったよ。
    1歳の次女のお気に入りはこの動物のパーツで長女とよく遊んでます。

    \ 今なら5,980円! /

    「わくわくバラエティーBOX 130個」はコンパクトで種類が豊富

    コンパクトなBOXがカワイイ
    パーツの種類は多め
    商品名わくわくバラエティーBOX
    サイズ幅43cm×奥行き24.5cm×高さ22.5cm
    重さ約2kg
    パーツの種類27種類
    パーツの数130個
    価格6,050円前後
    総合評価3.5

    「わくわくバラエティーBOX」のメリット・デメリット

    メリットデメリット
    省スペースで収納可能
    初めてのBOX買いでも安心のピース量
    ボリュームBOXよりも種類が豊富
    2人以上で遊ぶ場合に少ない
    大きな物を作るのにはピースが少ない

    130ピースと3つのBOXの中でも比較的コンパクトなBOXですが、パーツの種類がボリュームセットよりも多い面白いセットです。

    2人以上で長く遊ぼうと思ったらちょっと少ない気もしますが、「飽きたら他の種類のBOXを買い足せばいい」と思えるならおすすめです。

    いくパパ

    130ピースでも風車やダンプカーなんかも作れちゃうよ

    BOXの上部も台として使えるよ
    ダンプカーも作れる

    \ はじめてのプレゼントにもピッタリ /

    学研ニューブロックのメリット・デメリット(長所と短所)

    ここからはニューブロックを使ってみた感想や、長年使ってきた方のアンケートから具体的なメリットやデメリットを紹介します。

    メリットデメリット
    想像力や空間認識力が育つ
    集中力がつく
    コスパが良く長く使える
    安全性が高い
    場所をとる
    水洗いできない
    屋外で使えない

    ニューブロックの良いところ・良い評判

    ニューブロックは色々な組み方ができる面白いブロック

    想像力や空間認識力が育つ

    ニューブロックは構造上、つみきや類似のブロックと比べて横方向にも組み立てたりができます。

    空間を想像したりする脳の海馬の発達にも役立ち、遊びながら知育効果も期待できます。

    集中力が育つ

    ニューブロックがおすすめの理由をアンケートで調査した結果、「集中して遊んでいる」「熱中して遊んでいるのが分かる」などの意見が目立ちました。

    レゴなどと比べて操作性が良いので、脳の発達が活発な3歳未満からでも集中して遊ぶ力が自然と身につくのは親としても嬉しい限りです。

    コスパが良い

    遊び方が多く作れるものも多いので、長く遊べ飽きにくいのでコスパが良いです。

    作るものを変えたり、遊び方を子ども自身が見つけることで無限に遊び方が見つかります。

    ちいママ

    BOXで購入しても5,000円〜10,000円前後なので数年遊ぶと考えるとコスパが良いですよね。

    安全性が高い

    ニューブロックはブロックが大きく扱いやすく、素材も柔らかくて誤飲や怪我の心配が少ないのが特徴です。

    通常ブロックが小さいレゴなどは小さなお子さんや兄弟がいる家庭では使えませんが、ニューブロックは細かいパーツの無いセットを選べば使用できます。

    また、投げたりしても軽くて適度に柔らかいので怪我のリスクも減ります。

    子どもが投げてガラスや鏡、ディスプレイが割れたりする心配もありません。

    ニューブロックのイマイチな所・悪い評価

    場所を取る

    ブロックが大きいので、収納ボックスが大きいのも特徴です。

    ボックスを置くスペースが必要です。

    500(下)はダンボール120サイズくらいの大きさ
    重さは上から2 kg・3kg・5 kg
    ちいママ

    3つのセットのBOXの大きさはそこまで変わらなかったかな。

    水洗いや屋外で使用できない

    ブロックは破裂を防ぐためか小さな穴が空いています。

    そのため公式でも、中に水が入るので水洗いはしないように注意されています。

    屋外やお風呂での使用ができないので、定期的に拭いたりするのが少し面倒です。

    いくパパ

    紫外線にあたると劣化しやすいらしいので、天日干ししたりはしないように気をつけてね。

    まとめ:はじめてでも100個以上のBOXセットがおすすめ

    長期的に使う事や買い足しが面倒なので、100個以上のピースの物を最初から購入するのがおすすめです。

    ちなみに3つ購入してみて、お気に入りは188個入のたっぷりバラエティBOXでした。

    パーツの種類が多く作れる物の幅が広がります。

    ちいママ

    2人で使うのにも良さそうなボリュームだったよ。

    新幹線や電車のパーツが長女のお気に入りで、次女は動物のパーツで遊ぶのが気に入ったようです。

    基本の井形のパーツ以外にも興味を引くパーツも色々入っているので、パーツの種類が多いものを選んで見るのがおすすめです。

    購入する際に参考になれば幸いです。

    レンタルサービスCha Cha Chaを利用すれば、初月1円でニューブロックをお試しすることもできます。

    \ 初月1円でレンタル可能 /

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    Contents