【癒やしのボトル】センサリーボトルで絵本「スイミー」の世界を再現

今回は絵本「スイミー」の世界観をセンサリーボトルで再現してみました。

センサリーボトルとは

モンテッソーリ教育で「怒りや不安を鎮める」効果があると注目されている知育おもちゃです。

詳しい解説や効果については今回は省略します。
興味のある方は大人も楽しめる手作りセンサリーボトルの作り方まとめをご覧ください。

\ 実際に動くとこんな感じ /

Contents

絵本【スイミー】

小学校2年の国語で使われる絵本【スイミー】

色々なメッセージ性が隠れた作品で、読む人の価値観によって受け取るものが変わってくる不思議な絵本です。

大人になって読み返すと新たな気付きがあって面白いですね。

今回はそんな「スイミー」の世界観をセンサリーボトルで表現したいと思います。

センサリーボトルで【スイミー】を作る材料

「スイミー」に必要な材料
  • 空ボトル
  • プラバン
  • クラフトパンチ(魚)
  • マーカー(赤と黒)
  • 水性ニス
  • グリセリン(洗濯のり

今回は100均の「プラバン」とクラフトパンチで魚を作ります。

created by Rinker
¥470 (2022/01/22 08:56:38時点 楽天市場調べ-詳細)

センサリーボトルに洗濯のりを使わない方が良い理由

洗濯のりは気泡が抜けにくいので今回はグリセリンを使いました。

事前に実験してみたのですが、洗濯糊は気泡が入りすぎて白濁してしまうのでグリセリンを使ってください。

2つの詳しい性質の違いについては大人も楽しめる手作りセンサリーボトルの作り方まとめを御覧ください。

作り方の手順

STEP
魚の群れを作る

プラバンを2cmの幅でカットして帯を作ります。

パンチで魚をくり抜いていきます。

赤のマーカーで一匹ずつ塗ります。(面倒な方は帯ごと太マッキーで塗ってください)

黒い魚を作るのを忘れずに。

STEP
プラバンの魚を焼く

クッキングシートの上にプラバンの魚を並べておきます。

オーブンを200度に予熱してから入れて縮むのが終わるまで1〜2分程待ちます。
途中で焦って取り出すと曲がったままになります。

STEP
魚に水性ニスを塗る

100均の水性ニスをマーカーで着色した側に塗ります。

この工程を飛ばすと完成後に油性マーカーが溶け出してピンク色のボトルになってしまいます。

これは予想外でした^^;
STEP
ボトルに魚とグリセリンを入れる

ギリギリまで入れます。

STEP
蓋を閉めて完成
小さな気泡がくっついて浮かんできます。

センサリーボトル【スイミー】のまとめ

今回は誰もが知っている作品「スイミー」をセンサリーボトルで再現してみました。

水性ニスを使わずに作る方法としてDAISOのカラープラバン「キュコット」のピンクを使ってみました。

これはこれでカワイイww

よちよパパ

他にもセンサリーボトルや手作り玩具などを紹介しています、是非御覧ください。

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる