知育おもちゃ

【簡単100均モビールの作り方】バランスをとるコツも解説【コットンボールモビール編】

【簡単100均モビールの作り方】 バランスをとるコツも解説 【コットンボールモビール編】
B!

こんにちは、よちよ知育パパです。

今回はお家で出来るモビールの作り方を紹介したいと思います。

あいかちゃん
あいかちゃん
モビールってなぁに?

よちよ知育パパ
よちよ知育パパ
吊るす知育玩具の事で、風などでゆらゆら揺れたりするのを見て楽しむものだよ

ゆらゆらと気流に合せて動きます

赤ちゃんの目に入るところに吊り下げておくと興味深く見ていたりします。

特に月齢の低い赤ちゃんには追視のいいトレーニングになります。

ベッドの上や目が届く所に設置してみましょう。

今回は初めての方でも簡単に出来るように材料や手順、コツなどをお話します。

今回も最後までお付き合いください。

材料は100均のダイソーで

材料はすべて100均で揃えました。

【水玉ふうせん】はキャンドゥの商品ですが、それ以外はダイソーで購入しました。

DAISOにも水ふうせんはありますのでご安心ください。

  • 水ふうせん
  • 竹ひご
  • ペイント(白)
  • 刺繍糸(ダークカラー)
  • ボンド
  • 透明な糸

コットンボールの大きさを3センチから5センチくらいにしたいので通常の風船よりもサイズの小さい【水ふうせん】を使用します。

手芸コーナーの【透明ミシン糸】を吊り下げ用に使用しています。

釣り糸の方は号数が選べるので、太いほうがいい場合はこちらを使用します。

今回は光の加減で目立つ可能性があると考え透明ミシン糸を使用してみました。

次は刺繍糸ですが、ダイソーの刺繍糸はカラーバリエーションが豊富です。

今回は赤ちゃんが認識しやすいようにコントラストがハッキリしているダークカラーを使用しています。

他にも

など計6種類の刺繍糸があります。好みに応じて使ってみるとオリジナルのコットンボールが作れます。

その他の商品は特にこだわりが無くても問題ありません。

コットンボール部分の作り方

まずはパーツとなるコットンボールを作ります。

水ふうせんを作る

水風船を大小合わせて11個作ります。

失敗したときの為に何個か多めに作ることをオススメします。

多少球体じゃなくても糸を巻きつける際に修正出来ますのでご安心ください。

糸をボンド液に浸して巻きつける

ボンドと水を1:1で割った物を用意します。

パパ
パパ
なるべく口の広い容器で準備すると糸が入れやすいよ

そしてダマにならないように刺繍糸をほどきながら入れていきます。

糸が絡まないようにくるくると円を描くように浸していきます。

かき混ぜずに上から筆で押さえます。

そして風船にクルクルと巻いていきます。

風船が多少楕円になっていても、糸で縛って球体になるように調節して修正出来ます。

乾燥・風船を割る

自然乾燥で風通しの良い場所で半日から一日程度乾燥します。

乾燥したら、尖ったもので中の風船を割ります。

パリパリと音を立ててゆっくり風船と糸が剥がれていきます。

中の風船を慎重に取り出したらコットンボールの完成です。

これだけでもオブジェとして綺麗ですよね。

モビール部分の作り方

次はコットンボールを繋げてモビールにします。

透明な糸で①の列を作ります。好みの感覚でボールを3つ繋ぎます。

出来たら②の列も作ります。

この時の重さが①=②

①+②=③になるように使用する糸の長さ(重さ)or 球数を左右対象にするとバランスが取りやすいです。

①と②が出来たら竹串の端から2〜3センチ程度の所に結びます。(後で端を切れるよう少し余分に余らせておくのがコツ)

この時竹串は前もって着色してもいいですし、そのままでも大丈夫です。

私は白く着色しました。

竹串の真ん中辺りに透明な糸を結んで、だいたいのバランスを取ります。

同じ容量で③を作り①と②を繋げたものとバランスをとって結びます。

洋灯吊(ヒートン)などを使って天井から吊り下げると完成です。

細かく説明してありますが、ざっくりやっても出来るので挑戦してみてください。

モビールのバランスのとり方

モビールで一番難しいのは、バランスをとって竹串の部分を真っ直ぐにすることです。

ここでつまずいてしまっている方が多いようです。

大体の中心の当たりをつけていても1ミリでもずれると斜めになってしまいます。

なのでまずはほぼ真ん中くらいの場所で、ボンドなどでズレないように固定します。

竹串をカットする

乾いたあとで、先程竹串の余らせた部分を少しずつカットしながら重さを調整します。

剪定用ハサミか爪切りが切りやすいです。

あいかちゃん
あいかちゃん
ちゃんと下がっている(重い方)の竹串を切ってね

塗料で重さを増す

切ってもまっすぐにならない時は更にペイントを竹串に塗って重くします。

乾燥して水分が抜けると軽くなるので、何度か重ね塗りして重さを増します。

この方法で、明らかに左右差がある場合を除いて、修正できます。

数ミリグラム単位での微調整をするイメージです。

レジンなどで重さを増す

ダイソーにあるUVレジンをコットンボールの内側(目立たない場所)につけて、軽い方の重さを増します。

少しつづ足していくとバランスが取れてくるので、乾いたら足す作業を繰り返します。

上記3つの方法でバランスを取れるのでお好みで試してみてください。

ボンドでも重さを足す事も可能です。

インテリアとしても存在感のあるモビール

モビールは知育玩具としてだけではなくインテリアとしても有能です。

木のモチーフなどのモビールは部屋の雰囲気を崩すこと無く遊び心を演出してくれます。

わずかな気流があれば目を引くアイテムなので部屋のアクセントにもオススメです。

自分で作ったりするのはやっぱり大変そうと思われる方でも、オシャレなモビールが販売されているので是非一度探してみてください。

もっと新生児のうちに作ってみたかったモビールですが、10ヶ月の娘がアルミ缶で出来た風車をじっと見ているのをキッカケに作ってみました。

ちゃんと反応して、届かないのに手を伸ばすその可愛らしい姿に癒やされました。

また知育に関する玩具などを作るいい機会になりました。

自宅で出来る知育おもちゃ作り、皆さんも良かったらお試しください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

よちよ知育パパ

B!