【100均で簡単手作り】折り紙で作る【ハニカムボール】の吊るすだけモビールの作り方

こんにちは、よちよちいくパパです。

今回は折り紙で作るシンプルなモビールの作り方を紹介します。

泣いている赤ちゃんをあやしたり、注意をひきつけておきたい時にあると便利です。

あいかちゃん

モビールってバランスとるのがむずかしいよね?

よちよパパ

このモビールは上から一直線にぶら下げるだけだから、並列させたデザインの物と比べて、バランスをとったりしなくていいから比較的簡単に作れるよ。

Contents

使用した100均アイテム

今回使用した材料はすべてダイソーで購入しました。

必要なもの
  • パステルカラーペーパー
    (折り紙など)
  • スティックのり
  • ハサミ
  • ピンチ(洗濯バサミ)
  • 釣り糸(透明な糸)
  • 筆記用具
  • ベビーフードの瓶
    (円形のもの)

ハニカムボールモビールの作り方解説

動画を見ながら作ったほうが分かりやすくて簡単です↓↓

STEP
好みの色紙を選ぶ

2枚好みの配色を選び、それぞれ4つ折りにする。

STEP
円形に切り抜く

瓶の口をペンでなぞって円を書き、ハサミで切ります。
同じ色の丸い紙が4枚できあがります。

STEP
糊付け

切り抜いた紙を全て半分に折り、開いて90°の場所に糊付けして乾燥させます。

STEP
アコーディオンを作る

半円の上部と下部に糊付けして紙を重ねていく(乾くまで15分放置)
色の違う紙を使っている場合は交互に重なるように貼り付けていきます。

STEP
開いて接着

開いてみて④の作業でつけた場所に糊付けしてボール状にします。

STEP
紐を通して完成

必要な数だけ作り、上部と下部に尖ったもので穴をあけて糸を通して吊るせば完成です。

柔らかい紙を使うのが失敗しないコツ

色々な素材で試してみましたが向き不向きがありました。

向いている紙
  • 折り紙
  • 薄めのカラーペーパー
  • 和紙
  • 千代紙

薄くて柔らかいものや柔軟性のある紙などを使用すると綺麗に仕上がります。
画用紙など厚手のものは折り目が付きやすく、糊付けが難しくて失敗しました。

モビールに期待する知育効果

モビールは赤ちゃんの知的好奇心を刺激して、豊かな情緒を育んでくれます。
視力や集中力アップなどモンテッソーリ教育でも取り入れられ近年注目を集めています。

特に生後2〜3ヶ月の赤ちゃんの追視の練習になり、色の違いや濃淡の違いの発見など生後6ヶ月くらいの赤ちゃんの観察力のトレーニングにもなります。
自分で動き回ったり、何かを操作することの難しい月齢の赤ちゃんにとっては視覚からの刺激はとても重要です。

他にも【よちよちいく】オリジナルモビールのレシピも紹介していますので、是非御覧ください。

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる